2008年06月25日

SymbianがNOKIAに完全買収されて、Symbian OSがオープンソースに!

すっ、すげ〜。

SymbianがNOKIAに完全買収されてしまい、Symbian OSがついにオープンソースになってしまいました・・・。AndroidとかLiMoだとか、iPhoneだとか最近動きが活発なので、やむを得ずってとこなんでしょうけど。MicrosoftとAppleは全然、蚊帳の外って感じですね。

そうそう、Symbianのセキュリティは、Linuxと比べると脆弱(いくらPlatform Security PFSecがあるっていっても所詮シングルユーザだし、結構セキュリティが破られていたりするので、Symbian OSはセキュリティが弱いっていうイメージがある)だから、オープンソースになるとますます攻撃される機会が増えそう・・・。

posted by まいたうん at 21:36| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

SH905iのソフトウェアアップデートが正常に出来ない・・・

SH905iのソフトウェアアップデート情報

にあるとおり、2008年05月20日にソフトウェアアップデートが発表されて、自動的に通知されてきたわけですが、どういうわけか正常にソフトウェアアップデートが出来ません。

某大手掲示板にも同様の報告があります。

FOMA SH905i 不具合報告・追及 Part1
350 :白ロムさん:2008/06/05(木) 05:46:33 ID:ypaez5SmO

アップデート出来ない…orz
しようとすると勝手に再起動して終わる。
今まで順調だったのになぁ

何度やっても、毎朝、待ち受け画面にソフトウェアアップデートの通知が残っていて、すごくストレスがたまります。ていうか、ドコモさん大丈夫なんですか?

posted by まいたうん at 00:58| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月23日

ドコモ携帯、基本ソフトの設計簡素化へ

突然こんなニュースが舞い込んできました。これって本当なんでしょうか?(^^;

携帯電話最大手のNTTドコモは22日、2010年までに端末の基本設計を抜本的に変更する方針を明らかにした。

インターネット接続など高度な機能は基本ソフト(OS)から切り離し、同じOSで、通話などに機能を絞った「低機能・低価格」の海外向け端末と、「高機能・高価格」の国内向け端末の両方を開発・量産できるようにする。

国内の携帯電話市場が飽和状態に近づき、国内端末メーカーの事業撤退・売却が相次いでいるため、ドコモは端末の設計変更でメーカーの海外進出を支援し、自社の海外戦略にも役立てる。

ドコモは、設計変更で独自のネット接続サービス「iモード」や携帯に「お財布」の機能を持たせる非接触ICカード技術「フェリカ」などの機能をOSから分離し、OSを簡素化する。新しいOSは、ネット検索世界最大手のグーグルと共同開発した「アンドロイド」を採用する方向だ。

少なくともドコモのサイトではニュースリリースは出てないんですけど、これって社員のリークなんでしょうか?それともガセ?

まぁ、ドコモはAndroidのメンバーだしありえない話ではないと思うのですが、現在のFOMAって、LinuxをベースとしたMOAP(L)、Symbian OSをベースにしたMOAP(S)の端末が主流ですよね?

KDDIはKCP+を共通PFにして開発コストを下げるらしいですが、導入に苦労しているともききます。

ドコモがFOMAでiTronベースのRTOSから、Linux, Symbian OSの汎用OSベースに切り替える際に、もっさりだのなんだのってさんざん言われてたし、かなり苦労してるようですけどね。

Super3Gだの4Gだのが近づいてきているんで、一気に見直すつもりなんでしょうか?

posted by まいたうん at 19:51| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

AndroidのSDK配布開始!

Google、Linuxベースの携帯電話OS「Android」を発表、ドコモやKDDIも参加

Googleが提唱する携帯電話向けOS「Android」のSDKの配布が11/12、本日から開始されました。

Download the Android SDK

より、SDKのダウンロードを行います。Android SDKそのものは59MB。Windows, Mac OS X, Linuxをサポートしているようです。アクセスが集中しているのか、それともサーバ側で帯域を絞っているのか、ダウンロード速度は遅いです。(あせっちゃいかんですが。。。)

それ以外に必要なツールとしては、Development Requirementsによると、Eclipse、Eclipse用のAndroidプラグイン、Apache Antだそうです。

果たしてどんなものなのか楽しみですね。

posted by まいたうん at 09:25| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月07日

SO903iのUSB接続ケーブル時の転送速度

最近のFOMAでは、FOMA USB接続ケーブルさえあればPCから音楽データを転送することができます。

SO903iは他の機種にはない特徴として、「本体拡張メモリ」と呼ばれる独自の大容量フラッシュメモリ(といっても1GBですが)を内蔵しています。

そこで、「本体拡張メモリ」を活用すべく、PCから音楽データを転送してみることにしました。

参考:転送ソフトを経由せず、メモリ内にMP3を書き込めるか──「SO903i」

手順は以下の通り。

  • まず、SO903iとPCをFOMA USB接続ケーブルで接続します。
  • 次にSO903iを「menu」→「管理」→「USBモード設定」→「メモリモード」に設定します。
    ※USB接続ケーブルを接続した後でないと、USBモードの設定を切り替えることができないので注意が必要です。
    ※また、ミュージックプレイヤーなどが起動していると、管理メニューが実行できないので、起動しているアプリケーションを終了する必要があります。(なんか使い勝手が悪いのですが。。。)
  • SO903iをPCにFOMA USB接続ケーブルで接続すると、「マスストレージデバイス」として認識され、「本体拡張メモリ」の”ドライブ”がWindows上に追加されます。
    また、miniSDカードをSO903iにセットすれば、Windows上では「本体拡張メモリ」のドライブに加えて、「miniSDカード」のドライブが追加されます。
  • あとはエクスプローラ上からお好きな楽曲ファイル(MP3)などをフォルダに保存していくだけです。
    • 本体拡張メモリの場合は、第1階層に「MUSIC」フォルダを作成し、その中に楽曲ファイルをコピーします。
    • miniSDカードの場合は、「PRIVATE」→「DOCOMO」→「MMFILE」内に「MUSIC」フォルダを作成し、本体メモリと同じようにファイルやフォルダをコピーします。

 

実際に試してみるとわかりますが楽曲ファイルの転送にちょっと時間がかかります。

転送速度は、0.4MB/s(と表示される)なので、256MBの楽曲ファイルを転送するのに256/0.4/60=10分くらいかかります(かかりました)。

FOMAのUSBって、意外と転送速度が遅いんですね。

まぁ、メモリーカードリーダ使って直接miniSDに楽曲ファイルを書き込んだ方が断然速いですね。

iPodの方が断然便利。。。

posted by まいたうん at 12:20| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月01日

いよいよワンセグ放送開始!

いやぁ〜、いよいよ今日からワンセグ放送開始ですね。

P901iTVでワンセグを見てるんですけど、驚くほど映像がきれいですし、音質も良いようです。 端末自体はありえない大きさと重さですけどね。。。(^^;

正式には今日10:00〜本放送開始のようですが、送信出力が弱い?のか、放送電波の入りが室内だとかなり厳しいですね。 窓際じゃないとまともに映らないです。

それにチャンネル数が少ないのであまり面白くないし。

ま、今後に期待ですかね。 ノートPCでもワンセグ放送が受信できるPCMCIAカードが発売されるみたいなのでそうしたら便利でいいんですけどね。

 

posted by まいたうん at 00:47| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月22日

FOMAのソフトウェアアップデートしてみた

P901iのソフトウェアアップデートをおそるおそるやってみました。

P901iは場合によってはソフトウェアアップデートに失敗することがあるということで、 びくびくしてましたがうまくいったみたいです。

  • まず確認するのはP901iの電池が満充電の状態であることを確認します。 アップデート中は電源が切れると大変なことになるので、電源アダプタをP901本体に刺しっぱなしにしておきます。
  • 次に、P901iを一度電源をOFFにしてからONにします。心配だったので電池も抜いてしばらく放置した後、 電源をONにしました。P901ではこれをやらないと正常にソフトウェアアップデートができないようです。
  • 再起動が終わったらあまり時間をおかず、設定→その他→ソフトウェア更新を選んで、実行します。実行する際、 端末暗唱番号をきいてきますので正しい端末暗唱番号を入力します。 アップデートファイルのダウンロードが始まりますので後は放置しておきます。
    ダウンロードはSSLを使ってダウンロードするようです。アイコン表示でSSL通信中って出てますのでそこから推測しました。
  • P901iのアップデートファイルはサイズが大きいせいかダウンロードが終了するのに結構時間がかかったみたいです。
  • ファームウェアの実際の更新作業が始まると画面が真っ暗になり、白文字で"Rewriting..."などと表示されてました。 更新作業も結構時間がかかったみたいです。更新作業が終わると自動的に再起動するようです。
  • 朝起きて確認したら、待ち受けにソフトウェア更新が終わったことを知らせるアイコンが出ていたので選択してみたところ、 端末暗唱番号の入力をきいてくるので正しい端末暗唱番号を入力すると”無事に完了しました” みたいなメッセージが表示されて更新作業終了です。

あっけなくソフトウェアアップデートが終わりましたが、これで何かが大きく変わったのかというと違いはよくわかりませんでした。

めでたしめでたし。

 

posted by まいたうん at 01:46| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Mobile | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。