2008年01月21日

ThinkPad X61 76755BJのちょっと困ったところ

ThinkPad X61の最新モデルである76755BJですがちょっと困ったところがあります。

それは、工場出荷時の状態で、IE7 + Windows Live Toolbarがデフォルトでインストールされるているところです。

ThinkPad X61では、工場出荷時の状態にリカバリーする際に、コンポーネント単位で復元するコンテンツを選択することができます。ところが、IE7 + Windows Live Toolbarだけはどうやら削除対象として選択できないようです。

私の勤めている会社の社内システムでは、ドメインログインする際に、自動的に様々な社内システムに必要なソフトウェアが自動的にインストールされるような仕組みになっています。

社内システムでは、IE7は、グループポリシー?の設定で起動出来ないように設定されています。このため、IEに依存している社内システムの自動セットアッププログラムが軒並みエラーになってしまっている可能性があり、様々な不具合が発生している可能性があります。

また、ThinkPadがデフォルトで提供しているNorton AntiVirusが、社内システムで提供されるNorton AntiVirus Corporate Editionとかち合うようでやはり社内システムによる自動インストールがうまくいきませんでした。工場出荷時の状態に復元する際に、インストールしないように選択することができるのですが、効果なしでした。

それと、Windowsの自動構成管理を行うSMS(System Management Server)も自動的にインストールされるはずなのですがこれもダメ。

結局、社内システムが必要とするソフトをすべて手動インストールしたところ、なんとか動作しているようですが、本来、ビジネス向けのThinkPadが社内システムとこうまで相性が悪いと、選定品から外されてしまうのも仕方ないかなと思います。

個人用途だったら全然問題ないんですけど、会社で使うとなると社内で定めている運用ルールを遵守しないといけないので、わがまま言えないのが辛いところです。

posted by まいたうん at 21:19| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | PC/ThinkPad | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/79945908
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。