2007年03月07日

三菱スチームファン式加湿器SV-S506を購入

2007年、花粉症の季節が始まったようです」でも書いたように、新しく加湿器を購入しました。

三菱のスチームファン式加湿器SV-S506ホワイトです。楽天で、9,480円(税込み)でした。

パワーの大きなSV-S706というのもありますが、パーソナル向けならSV-S506で十分かなと思います。

結局、衛生面の観点から、ハイブリッド式ではなく、スチームファン式を選びました。

スチームファン式は水を煮沸しますので、超音波式のように不衛生になりにくいですし、ハイブリッド式も手入れを怠ると不衛生になりがちだそうです。お手入れに関してはスチームファン式でも必要ですが、リスクは少なそうです。

SV-S506を選んだポイントとしては、以下の通りです。

  • 「自動湿度制御機能」に対応している
    自分が設定した湿度で室内の湿度を自動的に制御してくれます。また、(1)のどガード、(2)うる肌モード、の2種類のおまかせモードがあり、自動運転してくれるモードもついています。

    自分的にお切り入りなのは、(1)のどガードモードです。使用を開始して63%程度の湿度を維持してくれます。また、(2)うる肌モードだとちょっと過加湿(加湿しすぎ)になってしまうことがあるようです。

    湿度計を見ながら手動で電源のON/OFFをする必要がないので、非常に便利です。
    ちなみに理想的な湿度は、50%〜60%とされているようで、60%を過ぎると結露しやすくなるらしいので、もし(1)のどガードモードでも過加湿気味なら、60%くらいに湿度を設定して自動運転させても良いかもしれません。
  • スチームが熱くない
    スチームの温度は40℃くらいらしいので、ちょっとさわったくらいではヤケドの心配がいらないという安心設計になってます。一応、ファン式なので室内の空気を循環してくれるらしいのですが、加湿ムラを解消するのはあまり期待できなさそうです。
  • タイマーがついている
    寝る前にタイマー運転を設定しておけば自動的に電源がOFFになるので電気代も安心?です。ただ、電源OFFの状態でもファンが回り続けるらしいんですよね。電源ケーブルをつないでいる間は常にファンが回り続けるんでしょうか?ちょっと不便。
    (2007.03.09追記:電源ボタンをOFFにしてしばらくするとファンが自動的に止まります。すぐにファンが止まらないのは冷却のためと加湿機内の湿った空気を排気するためでしょうか?)

       

      これまで加湿器を使ってみて思ったことは、乾燥していて加湿が必要な時に十分な加湿力が得られないと意味がないということでしょうか。

      雨の日や天気の悪い日は自然と湿度が高くなるため加湿器はいりませんが、乾燥している日はちょっと窓をあけたりすると湿度が40%くらいまで下がることがあります。この時、加湿器にパワーがないと理想的な50%〜60%の湿度まで全然上がらないことがあります。これだと意味がありません。

      卓上型の安物の加湿器を買っても用が足らないので、安物買いの銭失いになりかねなません。どうせ買うならいいものを買っておいた方が無難だと思います。

       

      MITSUBISHI スチームフアン式加湿器 SV-S506 ホワイト MITSUBISHI スチームフアン式加湿器 SV-S506 ホワイト
      販売元 : Amazon.co.jp ホーム&キッチン
      価格 :
      [タイトル] MITSUBISHI スチームフアン式加湿器 SV-S506 ホワイト
      [ブランド] 三菱電機

      ■商品紹介■
      ●室温に応じて、お肌にと..
      >>Seesaa ショッピングで買う
      posted by まいたうん at 22:09| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | ショッピング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
      この記事へのコメント
      コメントを書く
      お名前:

      メールアドレス:

      ホームページアドレス:

      コメント:

      この記事へのトラックバックURL
      http://blog.seesaa.jp/tb/35447450
      ※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

      この記事へのトラックバック

      MITSUBISHI スチームフアン式加湿器 SV-S506 ホワイト
      Excerpt: MITSUBISHI スチームフアン式加湿器 SV-S506 ホワイト
      Weblog: みんなのキチチチチン
      Tracked: 2009-05-17 23:22
      ×

      この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。