2006年11月13日

Windows Defender 日本語版の正式版を入れてみた

Windows Defenderの英語版は一足早く正式版になっていたみたいですが、ようやく日本語版も正式版になったようです。

なので、早速インストールしてみました。偏見というか先入観のせいかもしれませんが、信頼性という点ではイマイチ不安なWindows Defenderですが、無料なので入れておいても損はないかなと思います。(メインは、Norton AntiVirus使ってます)

 

気になるのは↓ここ。

デフォルトでは、「推奨設定を使用する」にチェックが入っていて、MSがセキュリティに悪影響を与える可能性があると判断したソフトを自動的に削除してしまったり、MSに情報を送信するような設定になってしまいます。これだとMSに見張られているようでなんか嫌です。

ということで、「定義の更新のみインストールする」を選択して次へ進むことにします。

 

 

 

 

 

環境によってはインストール後、再起動を要求される場合があるようです。

 

posted by まいたうん at 13:46| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

(更新)MS、無償のスパイウェア対策ソフト「Windows Defender日本語版」
Excerpt: スパイウェア対策ソフト「Windows Defender」日本語版も正式リリース マイクロソフトは11月10日、無償のスパイウェア対策ソフト「Windows Defender日本語版」を正式にリ..
Weblog: Cottonwoodhill 別別館
Tracked: 2006-11-13 19:25
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。