2006年05月19日

POPFileを実践投入 <仕事活用>

POPFileの使い方のコツがだんだんわかってきたので、ついに仕事のメールにPOPFileを実践投入してみました。

○はまったこと1) POPFileを導入した途端、メールの送信で失敗する!

オフィスのネットワークはイントラネットになっているため、さすがにセキュリティが高いのでいきなりつまづいてしまいました。 うちのオフィスに運用されているSMTPサーバーは、SMTP認証が必要なのです。

 

POPFileは、POP3のプロキシーサーバー的な働きをするため、SMTP認証が失敗してしまうことが原因でした。

つまり、受信する際のユーザーIDとSMTP認証する際のユーザーIDが異なるため、SMTP認証に失敗してしまうからです。

POP3のユーザーID:「POP3サーバー名」+「:(POPFileのデフォルトではコロン)」+「本来のユーザーID」

SMTP認証のユーザーID:「本来のユーザーID」

これでは、「POP3のユーザーID」≠「SMTP認証のユーザーID」となってしまうため、SMTP認証に失敗するわけです。

POPFile をインストール、設定したらメールの送信ができなくなってしまったのですが?

SMTP認証のアカウントを手動で指定するの図

Becky!では、受信時と送信時のユーザーIDを個別に設定できるので、SMTP認証時のユーザーIDを  「本来のユーザーID」に設定してやれば、きちんとメールが送信できるようになりました。めでたしめでたし。

 

○はまったこと2) 「unclassified」も意識して振り分けてやる。

「unclassified」という、 POPFileがデフォルトで用意している仮想的なバケツに対応するBecky!上のフォルダも用意しておいて、 自動的に振り分けるようにしました。振り分けに失敗していることを明示的にはっきり認識できるようにするためです。 振り分けに失敗したら豆に再振り分けをしてあげます。

POPFileは、再振り分けという指導をしてあげないと、全然学習しません。つまり、 明示的に再振り分けをしてやらないと一切学習しないため、一向に賢くならないんですね。

 

つまり、「unclassified」 に分類されたメールは学習効果を高めるためには放置しておいてはいけないわけです。

 

また、仕事内容に応じてカテゴリー別にバケツを作ってやり、豆に再振り分けの学習をしてやります。 職場のメール量は半端じゃなく多いので、学習するのに必要なメール数500なんてあっという間にクリアできました。

 

まだ、導入して一日しか経ってませんが、今後、どれくらい効果が出てくるかとても楽しみです。

導入一日目でも、退社する頃には目に見えて学習効果が実感できるようになってきたので、POPFileってほんとすごいですね。

 

 

 

posted by まいたうん at 01:05| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | ネット関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
armani
Posted by 腕時計 ランキング at 2013年09月25日 16:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。