2008年06月24日

アカウントの利用統計が知りたい

昨今の携帯電話では、LinuxやSymbianのような汎用OSが普通に使われるようになってきているし、ユーザがどのようなアプリケーションをどれくらい使う傾向があるのかをキャリアが把握することができれば、キャリアにとっていろいろメリットがあるわけです。もちろん端末メーカにもメリットありますよね。よく使われるアプリが快適に使えるようになれば、端末の魅力が向上して、他のメーカに対して差別化できますし。

よく使われるアプリは、もっと便利になるように改善したり、よく使われるアプリの出来が悪くて消費電力が多くなっているとしたら、チューニングしてできるだけ消費電力が下がるようにしたら、ユーザの利便性があがってどんどん使ってもらえるようになります。キャリアとしては、どんどんサービスを使ってもらえれば収入が増えるってもんです。(笑)

で、NOKIAのN810のようなPDAで、ユーザがどのアプリケーションをどれくらい実行しているか、といった利用状況を知りたいとします。そういった場合、どのようにしたら確実にログがとれる方法があるのでしょうか?

N810はLinuxを使っているので、Linuxの知見が役立つわけです。

そこで、探し当てたのが、acctというやつ。これをインストールすると、ユーザがどのアプリケーションをどれくらい使用したかが、もれなく記録されるんですね。どうしてこんなことが出来るのかというと、そもそも、Linuxカーネル自体にそういった機能があるからなんですね。

じゃ、Debianな環境で、どうすればいいのかというと、

apt-get acct

これだけです。acctが起動すると、それ以降、ユーザが起動したアプリケーションの記録がもれなく記録されるという、非常〜にありがたい仕組みだったりします。

acctってなんなのかというと、GNUのコマンドなんですね。acctは以下のURLからゲット可能です。

ftp://ftp.gnu.org/gnu/acct/

ってことで、いやぁ〜便利なことこの上ないですな。

posted by まいたうん at 19:57| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | LinkStation/玄箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101450492
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。